サイトロゴ 東海オンエア
データベース
Tツイッターアイコン

動画詳細情報

【YouTubeコスパ術】「大量のカメラで1発撮り」より「1つのカメラでたくさん撮影」した方がカメラ代浮いて良いんじゃね!?

参照元情報

内容

東海オンエアがYouTubeのコストパフォーマンスを改善する方法を提案しています。通常、YouTubeのドッキリ動画などでは複数のカメラを使用して異なる角度から一度に撮影し、その後リプレイを見せる手法が一般的です。しかし、多くのカメラを使用するには資金が必要で、初心者には難しいという課題があります。

そこで、彼らは「一つのカメラで何度も同じシーンを撮影する」という方法を提案します。これにより、カメラの台数を減らしてコストを削減しつつ、同じような映像を作り出すことができます。この手法を実践するために、彼らは「カップスローチャレンジ」というゲームを選び、1カメラで撮影し、その映像を複数の角度から撮影したように見せかける試みを行います。

具体的には、カップを投げて別のカップに入れる挑戦を繰り返し撮影します。彼らは一度成功したシーンを何度も繰り返し、最終的には様々な角度から撮影したかのような映像を編集して作り上げます。この過程で、撮影の難しさや成功の喜びを共有し、観客に楽しんでもらうことを目指します。

また、もう一つのチームは「誕生日サプライズドッキリ」を行い、これも同様に一つのカメラで何度も撮影して編集します。この実験により、彼らは視聴者に「一つのカメラでどれだけ多様な映像が作れるか」を示し、YouTubeの制作コストを抑える方法を提案しています。

動画の最後では、この方法の実際の映像を見せ、視聴者に1カメラでも質の高いコンテンツが作れることを証明しています。また、初心者YouTuberにもこの手法を試してみるように呼びかけています。