サイトロゴ 東海オンエア
データベース
Tツイッターアイコン

動画詳細情報

皆さんが思うほど「ランダム」ってうまくいかないことを証明します!

参照元情報

内容

東海オンエアのメンバーは、「ランダム性」の概念を検証するために、いくつかの実験を行う。彼らはまず、ピンポン玉をコップに入れるというチャレンジを設定する。狙って投げた場合は、16回ほどで成功するが、ランダムに投げると成功率が劇的に下がることを示す。次に、マシュマロを口に投げ入れる実験を行い、こちらも狙って行うよりもランダムに行うと成功しにくいことを体感する。

リサイクルショップでの挑戦では、店内のランダムな位置から商品を選び、ファッションコーディネートを試みる。各メンバーが電話で指示を受けながら商品を選ぶが、結果としてほとんどのメンバーがまともなファッションを組み合わせることができず、大半が失敗に終わる。特に、虫眼鏡がリサイクルショップから選んだ商品が全く役に立たないものばかりであったことが印象的である。

動画を通じて、東海オンエアのメンバーは「ランダム」という言葉が実際にはどれだけ予測不可能であり、思ったようにうまくいかないことが多いかを視聴者に伝えることに成功している。これにより、日常生活で「ランダム」を軽々しく使うことのリスクや限界を示している。また、動画全体を通じて見られるメンバー間のコミカルなやり取りや失敗シーンが、視聴者に楽しさと共感を与えている。